マルチセッション

*

マルチセッション

今回、すごく重要であったマルチセッションについて書きます。

マルチセッションとは、1本の回線で色々なサービスができるようになる機能です。

私の場合、2つのプロバイダーでつなぎたかったので申し込みしようとしたら、標準で2つまでは使える(ひかり電話とか入れてても)とのことでしたので、何も申し込まずに使っています。

1つは、普通のプロバイダー。私の場合、SANNETに契約しました。そしてもうひとつはGMOBBで固定のIPを引きたかったのです。

GMOBBでは8個の固定IPに申し込んで、そちらにはサーバーをつないで一般公開します。

SANNETでは普通にネットサーフィンする用に契約しています。

固定IPをひくと、その回線ではいかがわしいサイトなどにアクセスした場合、IPアドレスがダダ漏れになってしまい、私が見たことが相手にも当然バレバレになってしまいます。

なので、ネットサーフィンのほうは固定IPで繋ぎたくなかったのです。

設定は至って簡単でした(あとになってみるとです)

最初、NTTの工事の人がこのルーター(RV-S340SE)でひかり電話の設定もプロバイダーの設定も、マルチセッションによる複数のプロバイダーの設定もできますよとのことでした。

確かに管理画面にはマルチセッションの設定がありました。しかしLANポートを指定する方法がみつからなくて苦労しました。

たとえばLAN1はSANNET、LAN2はGMOBBという具合です。

結局わからなくて仕方ないので、SANNETだけ設定し、以前から持っていたBBモデム(コレガCG-BARPROG)にGMOBBの固定IPの設定をして、NTTからレンタルしているルーターのLAN2につなぐことで、無事つながりました。

固定IPの設定までは出来ないのかな?

以下のような感じで配線しました。

kaisen-1

 

 

マルチセッション関連ページ

フレッツ光ネクスト
とりあえずフレッツ光ネクストに契約した。 ところが、サーバーを置くマンションの建築が古すぎて、なんだか地下にあ […]
基地局
以前、友人に聞いたところ、基地局との距離が結構重要らしい。 基地局なんてわからないよなぁと思い、それでも自分の […]
固定IPをひく
最近では、いろいろなところで低価格の固定IPサービスをやっていて、最初32個のIPをUCOM(元はUSENね) […]