メールアドレスを変えずに光コラボへ移行する方法

*

メールアドレスを変えずに光コラボへ移行する方法

従来のプロバイダーの契約が維持されれば、メールアドレスの変更は不要だが、現在利用中のプロバイダーが、光コラボのサービスに対応していない場合は、プロバイダーが提供するメールサービスを使えなくなる。
 



メールアドレスを引き継ぎたい場合は、基本料金数百円を支払うことでメールアドレスを維持できる。

メールアドレスを変えずに光コラボへ移行する方法関連ページ

フレッツ光ネクストとは
「フレッツ 光ネクスト」は、今までの光インターネットアクセスサービスの特徴をそのままに、 次世代ネットワーク( […]
フレッツ・光プレミアムの確認
NTT西日本は、2005年3月より提供していた「フレッツ・光プレミアム」(FTTHアクセスサービス)を、 20 […]
フレッツ・光プレミアムのサービス終了
NTT西日本は、「フレッツ・光プレミアム」のサービスを2019年1~3月期をめどに終了すると発表した。 &nb […]
プロバイダーのセット割プラン(@nifty光)
フレッツ光とニフティのプロバイダーサービス@niftyを利用しているなら、これらがセットになった@nifty光 […]
プロバイダーのセット割プラン(ぷらら光)
NTTぷららのぷらら光と、同社の音声通話対応SIMぷららモバイルLTEをセットで利用すると、SIM1回線あたり […]
au スマートバリュー
auユーザーは、対象の光回線を契約することでスマートフォンの利用料金が安くなるauスマートバリューを利用するこ […]
光コラボレーションのメリット
光コラボレーションに転用する場合、インターネット料金の支払いを一本化できたり、安い料金で各事業者独自のサービス […]
光コラボレーションのデメリット
フレッツ光を利用しているユーザーが、光コラボレーションに転用する場合、価格が安く窓口が一本化するなどのメリット […]
フレッツ光をビッグローブ光へ転用する
光コラボはNTTが直接お客様に回線を販売するのではなく、事業者が独自にお客様に回線を販売するという方式となりま […]
フレッツ光をMarubeni光へ転用する
現在、フレッツ光を利用されている方が、光コラボレーション事業者の中からMarubeni光へ転用する時(3年割) […]

トラックバックURL

https://xn--ntt-dm4bf4h9g646x.com/docomohikari/8114.html/trackback