フレッツ光とnuro光の比較

*

フレッツ光とnuro光の比較

nuro光は関東地方を中心とした光回線の通信サービスで、最大の特徴は何といっても最大2Gbpsという驚くべき通信速度の速さにあります。
また、初期費用から通常料金までフレッツ光と比較してもリーズナブルであるという特徴があります。

 

このように見てみると、nuro光は光通信のメリットをすべて兼ね備えているように感じるかもしれません。
しかし、nuro光は何かと制限が多いというデメリットがあり、フレッツ光と比較しても、やはり柔軟性の面ではフレッツ光が有利でしょう。




nuro光は関東の1都5県が対象エリアですが、さらに1戸建てまたは、2階建ての集合住宅であるというかなり限定的な条件があります。
フレッツ光が全国の95%程度をカバーしていることに比べると、フレッツ光の柔軟性とカバー力の強さが分かるかと思います。

さらにフレッツ光はマンションプランでよりリーズナブルで、プロバイダの選択やオプション、サービスなども自由に選べるという点で、nuro光よりメリットは高いのです。
 


フレッツ光とnuro光の比較関連ページ

フレッツ光ネクストとは
「フレッツ 光ネクスト」は、今までの光インターネットアクセスサービスの特徴をそのままに、 次世代ネットワーク( […]
フレッツ・光プレミアムの確認
NTT西日本は、2005年3月より提供していた「フレッツ・光プレミアム」(FTTHアクセスサービス)を、 20 […]
フレッツ・光プレミアムのサービス終了
NTT西日本は、「フレッツ・光プレミアム」のサービスを2019年1~3月期をめどに終了すると発表した。 &nb […]
プロバイダーのセット割プラン(@nifty光)
フレッツ光とニフティのプロバイダーサービス@niftyを利用しているなら、これらがセットになった@nifty光 […]
メールアドレスを変えずに光コラボへ移行する方法
従来のプロバイダーの契約が維持されれば、メールアドレスの変更は不要だが、現在利用中のプロバイダーが、光コラボの […]
プロバイダーのセット割プラン(ぷらら光)
NTTぷららのぷらら光と、同社の音声通話対応SIMぷららモバイルLTEをセットで利用すると、SIM1回線あたり […]
au スマートバリュー
auユーザーは、対象の光回線を契約することでスマートフォンの利用料金が安くなるauスマートバリューを利用するこ […]
光コラボレーションのメリット
光コラボレーションに転用する場合、インターネット料金の支払いを一本化できたり、安い料金で各事業者独自のサービス […]
光コラボレーションのデメリット
フレッツ光を利用しているユーザーが、光コラボレーションに転用する場合、価格が安く窓口が一本化するなどのメリット […]
フレッツ光をビッグローブ光へ転用する
光コラボはNTTが直接お客様に回線を販売するのではなく、事業者が独自にお客様に回線を販売するという方式となりま […]

トラックバックURL

https://xn--ntt-dm4bf4h9g646x.com/docomohikari/7777.html/trackback