フレッツ光とeo光の比較

*

フレッツ光とeo光の比較

関西電力系の光回線インターネットと言えばeo光でしょう。
関西以外にお住まいであれば、あまり馴染みはないかも知れませんが、今や関西では主流のフレッツ光の最大のライバルとも言える存在です。

 

互いを比較してみると、eo光は初期費用が圧倒的に安いといえます。
初めての方にとって、やはり心配も多いのでしょう。
初期費用が安いのは魅力的に映るのかもしれません。

 

しかし、長く使えば使うほどに安くなるのがフレッツ光の特徴です。
インターネットは日常生活には欠かせないアイテムであるだけに、長期的な視点で考えれば、やはりフレッツ光がお得なのです。




また、フレッツ光は回線速度が非常に速く、安定しているために、インターネット動画などもストレスなく閲覧できます。
さらに、やはり全国の95%程度をカバーしているのは大きな魅力です。
関西地区限定のeo光だとどうしても対応範囲も関西地区になりますが、フレッツ光は全国をカバーしているので、関西以外に引っ越しても、そのまま利用できるメリットがあります。
 


フレッツ光とeo光の比較関連ページ

フレッツ光ネクストとは
「フレッツ 光ネクスト」は、今までの光インターネットアクセスサービスの特徴をそのままに、 次世代ネットワーク( […]
フレッツ・光プレミアムの確認
NTT西日本は、2005年3月より提供していた「フレッツ・光プレミアム」(FTTHアクセスサービス)を、 20 […]
フレッツ・光プレミアムのサービス終了
NTT西日本は、「フレッツ・光プレミアム」のサービスを2019年1~3月期をめどに終了すると発表した。 &nb […]
プロバイダーのセット割プラン(@nifty光)
フレッツ光とニフティのプロバイダーサービス@niftyを利用しているなら、これらがセットになった@nifty光 […]
メールアドレスを変えずに光コラボへ移行する方法
従来のプロバイダーの契約が維持されれば、メールアドレスの変更は不要だが、現在利用中のプロバイダーが、光コラボの […]
プロバイダーのセット割プラン(ぷらら光)
NTTぷららのぷらら光と、同社の音声通話対応SIMぷららモバイルLTEをセットで利用すると、SIM1回線あたり […]
au スマートバリュー
auユーザーは、対象の光回線を契約することでスマートフォンの利用料金が安くなるauスマートバリューを利用するこ […]
光コラボレーションのメリット
光コラボレーションに転用する場合、インターネット料金の支払いを一本化できたり、安い料金で各事業者独自のサービス […]
光コラボレーションのデメリット
フレッツ光を利用しているユーザーが、光コラボレーションに転用する場合、価格が安く窓口が一本化するなどのメリット […]
フレッツ光をビッグローブ光へ転用する
光コラボはNTTが直接お客様に回線を販売するのではなく、事業者が独自にお客様に回線を販売するという方式となりま […]

トラックバックURL

https://xn--ntt-dm4bf4h9g646x.com/docomohikari/7774.html/trackback