ドコモ光とフレッツ光の違い

*

ドコモ光とフレッツ光の違い


このところ、ドコモ光という固定回線がリリースされて、ドコモの携帯を使っている人は、当然安くなるんだなぁと思います。

実際に私もそう思っていて、実家に固定回線を引こうと思い、検討しました・・・が、辞めました。

ここでは、どうして辞めたのか?またドコモ光とフレッツ光の違いについて説明します。
まず、ドコモ光は、フレッツ光のOEM商品です。

つまりフレッツ光があって、その名前をドコモ光に変えて販売しているだけのサービスです。

ドコモの携帯を使っている人が、ドコモ光を入れると安くなる・・・といいますが、実際には以下のとおりです。

以下の表は、セット割の料金になります。
docomohikari
ドコモを使っていてシェアパックにしている人は、500~3,000円が月額から引かれるということです。

例えばシェアパック10に契約していて、フレッツ光を使っている人が、ドコモ光パックに移行すると1,200円の割引となり、ドコモ光の料金が2,800円ということになります。

しかし問題がありまして、例えばフレッツ光で割引を受けていた場合、ドコモ光に移行すると割引がなくなってしまいます。

これはとても大きな問題で、例えば今「光もっともっと割」というキャンペーンをやっています。

長く使うことを約束すると割引になるサービスですが、こういったサービスはフレッツ光のサービスなので、ドコモ光には適用されないのです。
あとドコモ光で契約してしまうと、当サイトで紹介しているようなキャンペーンを受けることが出来ないということです。

これは実際にドコモに電話をして聞いてみたのですが、フレッツ光でやっているキャンペーン等は、ドコモ光とは関係ないので適用できないそうなのです。

シェアパックに入っていて毎月500円の割引適用をとるか、キャンペーンを使って、キャッシュバックを貰い、さらにフレッツ光の割引も受けるか、こんなの考えなくても分かることです。
・・・ということで、私は16年のドコモユーザーですが、ドコモ光を導入せずにフレッツ光を契約いたしました。




ドコモ光とフレッツ光の違い関連ページ

フレッツ光ネクストとは
「フレッツ 光ネクスト」は、今までの光インターネットアクセスサービスの特徴をそのままに、 次世代ネットワーク( […]
フレッツ・光プレミアムの確認
NTT西日本は、2005年3月より提供していた「フレッツ・光プレミアム」(FTTHアクセスサービス)を、 20 […]
フレッツ・光プレミアムのサービス終了
NTT西日本は、「フレッツ・光プレミアム」のサービスを2019年1~3月期をめどに終了すると発表した。 &nb […]
プロバイダーのセット割プラン(@nifty光)
フレッツ光とニフティのプロバイダーサービス@niftyを利用しているなら、これらがセットになった@nifty光 […]
メールアドレスを変えずに光コラボへ移行する方法
従来のプロバイダーの契約が維持されれば、メールアドレスの変更は不要だが、現在利用中のプロバイダーが、光コラボの […]
プロバイダーのセット割プラン(ぷらら光)
NTTぷららのぷらら光と、同社の音声通話対応SIMぷららモバイルLTEをセットで利用すると、SIM1回線あたり […]
au スマートバリュー
auユーザーは、対象の光回線を契約することでスマートフォンの利用料金が安くなるauスマートバリューを利用するこ […]
光コラボレーションのメリット
光コラボレーションに転用する場合、インターネット料金の支払いを一本化できたり、安い料金で各事業者独自のサービス […]
光コラボレーションのデメリット
フレッツ光を利用しているユーザーが、光コラボレーションに転用する場合、価格が安く窓口が一本化するなどのメリット […]
フレッツ光をビッグローブ光へ転用する
光コラボはNTTが直接お客様に回線を販売するのではなく、事業者が独自にお客様に回線を販売するという方式となりま […]

トラックバックURL

http://xn--ntt-dm4bf4h9g646x.com/docomohikari/7575.html/trackback